内定者研修 導入例

研修の目的
内定者同士の相互理解(お互いのパーソナリティを知り、同期のつながりを深める)
実施時期 / 時間
10月(内定式の当日に実施) / 3時間
参加人数
43名(1島5〜6名×8島)
導入のきっかけ
例年実施している座学研修では参加者が受け身になりがちで、内定者同士のコミュニケーションも促進されづらかったため、楽しみながら主体的に参加できる研修を希望。

※研修の目的に応じて、オーダーメイドでプログラムを設計させて頂きます。

受講者の感想
・緊張がすぐにほぐれて、遊び感覚もありながら同期のことを深く知ることができた。
・顔も名前も一致しない状態から、たった3時間でお互いのことがよく知れて、入社が楽しみになった。
・学生と社会人の意識の違いについて自覚することができたので、残りの学生生活で意識を変えていきたい。

プログラム紹介動画

運営会社「株式会社FLYHIGH」

オウンドメディア「FLYHIGH Lab.」